医療、建築、宅配などの現場から、天体観測などのアウトドアで役立つペンです!

a-ライトライトα img01


文具メーカーのゼブラから、暗い場所でもペン先を照らして書くことができるライト付きボールペン「ライトライトα」が発売されました。

ライトライトαは、ペン先に電池交換式LEDライトが付いた油性ボールペン。


a-ライトライトα img02


医療、介護、建築、警備、宅配などの、手元が暗い場所で筆記するビジネスの現場で役立ちます。


2018年に発売されたライト付きボールペンに、暗闇でもペンを探しやすい蓄光パーツを搭載するなど、より便利にリニューアルしての登場です。

今回は、天体観測などのシーンで求められる、目にやさしい赤いライトのペンもラインナップ。


価格は各660円(税込)。

2021年3月1日(月)より、全国文具取扱店にて販売中です。

当記事では、このライトライトαをご紹介します。




暗い場所でも、ライトを点けて書けるボールペンです!


1. ライトが書く場所を照らすペン「ライトライトα」


ボールペンをノックすると、ペン先に搭載されているライトが点灯!

a-ライトライトα img03


LEDライトが筆記する場所の周囲をほどよく照射。

暗い現場でライトを照らしながら筆記したり、子供の看病中に灯りをつけずにメモが取れます。



ノックするごとに、ペン先の出し入れとライトのオンオフが切り替え可能

a-ライトライトα img07


ノックだけで操作できるので、明るい場所でも暗い場所でも片手で使うことができます。


目次にもどる


2. 暗い場所でも探しやすい、蓄光パーツを搭載


暗闇でほんのり光ります!

a-ライトライトα img04


ペン先のライト部分とペンのノック部分に、前回の商品にはなかった蓄光パーツが追加されました。光を吸収し暗闇で発光するパーツです。


目次にもどる


3. まぶしさを軽減した赤いライトも登場


赤色LEDライト搭載のペンも1本ラインナップ!

a-ライトライトα img05 まぶしさを軽減した赤いライト


暗いところで長時間過ごす夜間の仕事や天体観測などの趣味では、白い照明を見るとあたりが見えにくくなってしまうため、目に優しい赤いライトのペンも選べるようになりました。

目次にもどる


4. ライトライトαの商品仕様


ボディの軸色は全5色

product


白色LEDライト搭載ペンの軸色はブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色。

赤色LEDライト搭載ペンの軸色はブラックの1色。


アルミ素材を使用したボディは軽くて丈夫。屋外での持ち歩きに適しています。

また、手袋をしていても握りやすいローレットグリップや、厚いポケットにもしっかりはさめるメタルクリップも搭載。



暗い場所で手元が暗く、書きにくいという不満を解消するライト付きペンの「ライトライトα」。

片手で扱えて、暗い場所でも見つけやすい発光パーツが付くなど、便利な機能が多数付いた文具です。

ぜひチェックしてみて下さい。

【ライトライトα 商品概要】
本体サイズ:全長140.0mm×最大軸径10.9mm
本体重量:16.4g

ボール径:0.7mm
インク色:黒

軸色:
(白色LEDライト)ブラック、ブルー、レッド、ホワイト
(赤色LEDライト)ブラック
※LEDライトは白赤それぞれ1色のみ搭載。

替芯:4C-0.7芯
替電池:LR626×2個、またはSR626(W・SW)×2個


暗い場所でも、ライトを点けて書けるボールペンです!


目次にもどる

【こちらもおすすめ】
▼屋外に強い! 濡れた紙にも書けるボールペン『ウェットニー』がゼブラから登場!


▼先端部にアルミ素材を使用した「ジェットストリーム 4&1 Metal Edition」が登場


▼和モダンなデザインが抜群にカッコイイ! デスクペン『フロス 輪-Rin-』が登場


目次にもどる