大人気の星景写真家・プラネタリウム映像クリエイターKAGAYAが、新境地を示す写真集『星と海の楽園』を刊行します。



天空と海中を同時に写す独創的な構図やドローンでの初の撮影など、見たこともない美しい世界が広がる感動の写真集となっています。



セレスティアル・ゲート
<セレスティアル・ゲート>

最新作は、月が海面につくる光の道や南の島の天の川など、美しい星景の写真に海の写真も加わり、地球まるごとの奇跡が伝わる写真集になりました。



タッチ・ザ・スカイ
<タッチ・ザ・スカイ>

太平洋に浮かぶ宝石のような島々、空にタッチするクジラなど、様々な写真を通して、海の中の世界もまた、“宇宙”なのだと、我々に気づかせてくれます。



魚たちの楽園
<魚たちの楽園>

今回は、海中と天空を同時に写す独創的な構図の作品も収録されています。



小さな楽園
<小さな楽園>

そして南太平洋に浮かぶ、宝石のような島々。
ドローンによる撮影作品は、ため息がでるような美しさです。


「大洋に浮かぶ楽園のような島を見ていると、ふと天の川銀河に浮かぶ地球のようだとも思いました。楽園は宇宙に浮かぶ地球そのものなのかもしれません。」
(KAGAYA)



空と海がつくりだす惑星地球の“奇跡の絶景”。
写真集『星と海の楽園』でその世界を旅してみましょう。


【著者プロフィール】
KAGAYA(カガヤ)
1968年、埼玉県生まれ。Twitterフォロワー数65万人の星景写真家。「銀河鉄道の夜」などで有名なプラネタリウム映像クリエイター。豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。